トップ

運転免許の種類とは

バスに必要な免許とは

バスの運転に必要な免許

大型バスの運転をするためには、大型1種免許が必要です。さらに、お金をとってお客様を乗せるバスを運転するためには、大型2種免許が必要になってきます。大型2種をとるためには、年齢が21歳以上で、普通か大型1種、大型特殊を取ってから3年以上経っていることが、取得の条件となります。取得のためには、指定教習所を卒業するか、試験場で技能試験を受けなければなりませんが、人の命を預かるため、どちらにしても非常に厳しい採点基準で判定されます。適性検査の視力などの基準が高くなっていたり、筆記試験の難易度が高くなっていたりと、大変厳しい試験となっています。

バス運転免許について

旅客輸送の目的の乗車定員が30名以上の観光や路線バスを運転する場合には、大型二種が必要です。自動車教習所の受講資格は、21歳以上で普通免許を取得してから通産3年以上の経験があることと、視力・色覚・深視力などの基準に合っていることが必要です。乗車定員11人以上29人以下の中型乗用車を、旅客輸送の目的で運転する場合には中型二種が必要です。自動車教習所の受講資格は大型二種の条件と同じです。地方で見かけるコミュニティマイクロバスなどは大型二種免許がなくても問題はありません。旅客輸送には安全確保が第一となりますので、厳しい条件が要求されます。

バスドライバー資格の情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © バスに必要な免許とは. All rights reserved.